アスタキサンチンとは

アスタキサンチンはカロテノイドの一種

アスタキサンチンは、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンやトマトに含まれるリコピンなどと同じカロテノイドの一種で、エビ・カニなどの甲殻類、サケ・タイなどの魚類など、天然、特に海洋に広く分布する食経験豊富な赤橙色の色素です。

語源はパワフルなロブスター

アスタキサンチンを最初に発見したのは、ノーベル化学賞を受賞した生化学者リヒャルト・クーン(Richard Kuhn、1900年12月3日~1967年8月1日)博士です。リヒャルト・クーン博士らは、1938年にロブスターの甲羅と卵から赤い色素を発見しました。アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、カロテノイドはカロテンとキサントフィルに分類されますが、アスタキサンチンはキサントフィルに属していたので、ロブスターの属名Astacus(アスタクス)とキサントフィル(xanthophyll)からアスタキサンチン(Astaxanthin)と名付けました。
同じころ、サケの筋肉からサルモ酸という赤い色素を発見し、それを分析するとアスタキサンチンとぴったり一致することがわかり、アスタキサンチンが微生物、藻類、動物などに広く分布することが次々と明らかになりました。

アスタキサンチンの化学構造

アスタキサンチンは共役二重結合の数がカロテノイドの中では最も多い13個、両末端環にケト基と水酸基を有し、非常にユニークな構造をしています。

アスタキサンチンの化学構造式

生体膜の表面と内側で活躍

わたしたちの身体の中で最も外からの攻撃を受けやすいのは、そのほとんどが酸化されやすい脂肪でできている生体膜です。アスタキサンチンは、両端にあるけケト基と水酸基が膜表面のリン脂質の極性部分と親和性がよいため、細胞膜や、細胞中に存在するミトコンドリアなどの生体膜の脂質二重構造を縦に貫通する形で存在し、ゆえに細胞の表面と内側の両方で力を発揮します。細胞膜全体に位置することで、膜の外側にしか存在できない水溶性のビタミンC、膜の内側にしか存在できない脂溶性のβカロテンやビタミンEが果たせない部分をカバーし、活性酸素をしっかりと捕えることが可能です。

生体膜の表面と内側に働きかける