コロナ禍もようやく一段落した空気感の日々になって来ました。この2年間、旅行など外出を控えてきた方も多いのではないでしょうか。陽気もよくなって来る季節です。是非ともこれからの季節旅を楽しんではいかがでしょうか。今回はトレイルランナーの私流の旅行法をご紹介します。

 「ラン観光」というスタイルです。その名の通り、走りながら様々な観光スポットを巡るもので、徒歩の倍程度の箇所を巡ることができますし、交通機関を使わずに自分の足で辿ることでその街や土地の魅力をより深く感じることができます。何よりも走ることで健康にも良く、地元の名物食もより美味しく感じられることは大きなメリットです。

 とりわけ私が好きなランニングは歴史巡りです。京都、奈良や鎌倉といった古都めぐりは言うまでもなく絶好の観光地ですがお薦めは山口県の萩市。幕末史を彩る名だたるヒーロー達が活躍した舞台でありながら比較的コンパクトな街で、点在する歴史スポットを巡るには軽くランニングする程度がちょうど良く、当時の面影が色濃く残っているため往時の彼らの息吹を感じることができます。

 国内には軽く走り巡るサイズ感の魅力的な街が他にもあります。その際、スイーツや地元の名物を目当てに巡るのも楽しいものです。ランニングスタイルを考えると一口サイズがお薦めで、友人は老舗の煎餅屋や和菓子屋巡りなどテーマを決めて楽しむようです。入場料や時間をかけて見るスポットではなく滞在時間ができるだけ短いものがお薦めです。

 また着替えがあれば走るにも観光するにも快適です。最近増えている街着としても違和感のないお洒落なランニングウェアを選んでも良いでしょう。さらに体に合ったランニング専用のパックを選ぶことも重要です。ポイントは荷物をある程度入れても重心がなるべく上になり横揺れすることなく、腕振りの時に違和感がないという点です。

 過去に訪れた場所でも、通常の観光とは異なった魅力を感じることができます。皆さんも「ラン観光」を楽しんではいかがでしょうか。

萩の歴史スポットを巡る
旅の楽しみと言えば、地元の名物食!